内容をスキップ

  1. Home
  2. /
  3. プロジェク...
  4. /
  5. 梅川壱ノ介

パフォーミングアーツ

梅川壱ノ介

うめかわいちのすけ

舞踊家。大分県日田市出身。
2005年より東京バレエ団に入団、バレエダンサーとしてキャリアをスタートする。
2007年、国立劇場歌舞伎俳優養成課に入所、2010年に中村獅童一門に入り、歌舞伎俳優となる。
2016年、人間国宝・坂東玉三郎氏との出会いで大きな影響を受け、舞踊家へ転身、「梅川壱ノ介」へ改名する。
日本舞踊を基軸とし、国内外での日本舞踊の公演、また古典や現代アート、オーケストラ、最近では鬼滅の刃や《絵本と日本舞踊》などとのコラボレーションを手掛ける。
海外での公演や海外文化交流などにも積極的に取り組み、2019年にはアメリカツアー、ヨーロッパツアーを成功させ、海外での評価も高い。
新進気鋭の存在として注目を集めている。
水郷ひた観光親善大使。